【宝玉の絆で超絶強化】「宝玉獣」最新・注目カードまとめ&一言メモ【デュエリストパック ーレジェンドデュエリスト編2ー】

2017年11月11日(土)発売の『デュエリストパック ーレジェンドデュエリスト編2ー』!

新規カードで着実に強化され続けているこのカテゴリー。今とても熱い「宝玉獣」の主要カードを新規カードもプラスして、一言メモを交えながらまとめていきたいと思います!



「宝玉獣」新規カードをおさらいしよう!

 

新たな融合モンスター≪究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン≫

(※画像はtwitter【公式】遊戯王OCG様からお借りしています)

≪究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン≫

レベル12  光属性  ドラゴン族

ATK  4000  DEF  0

【融合 / 効果モンスター】

「宝玉獣」モンスター×7
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(融合は必要としない)

①:1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。

②:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

効果が究極宝玉神しててエライぞ!レインボー・オーバー!

ポンと出てくる攻撃力4000&フリーチェーンのフィールド全バウンス持ち。めっちゃつよい。

自前で攻撃力4000あるのに、さらに攻撃力アップする効果があるのはさすが( *´艸`)

 

≪虹の架け橋≫で「宝玉」魔法・罠カードをサーチ!

(※画像はtwitter【公式】遊戯王OCG様からお借りしています)

≪虹の架け橋≫

【魔法カード/通常】

①:デッキから「宝玉」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

サーチ対象は以下。

「宝玉」魔法カード
≪宝玉の絆≫ ≪宝玉の契約≫ ≪宝玉の氾濫≫ ≪宝玉の導き≫
≪宝玉の恵み≫ ≪宝玉の解放≫ ≪宝玉の樹≫
「宝玉」カード
≪究極宝玉陣≫ ≪宝玉の祈り≫ ≪宝玉の双璧≫ ≪宝玉の集結≫

 

≪宝玉の絆≫を6枚体制にできるのがエラすぎる。実質≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫が9枚体制になれるのは、ほんとーにすごいこと。

このカードのおかげで、≪究極宝玉陣≫軸や≪宝玉の氾濫≫軸のデッキも安定感が増しました。

こういったカードにありがちな「このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。」の記述がなくて、使いやすさも◎。素直に強い1枚です。

 

≪宝玉の絆≫は「宝玉獣」待望の「宝玉獣モンスター」サーチカード!

(※画像はtwitter【公式】遊戯王OCG様からお借りしています)

≪宝玉の絆≫

【魔法カード/通常】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「宝玉獣」モンスター1体を手札に加え、そのモンスターとカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体をデッキから選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 

「良き力だ…!」

 

≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫をサーチできる「宝玉獣」待望のカード。ペガサスが引けなかったあの日とはサヨナラ。安定感がはんぱないぜ( ˘ω˘ )

このカード自身も≪虹の架け橋≫でサーチができるのが最強です。

採用する「宝玉獣」モンスター数を絞ったり、≪究極宝玉陣≫を発動したりすると、デッキから宝玉化するモンスターがいなくなる場合もありうるのでそこは注意が必要ですが、そんなこともお構いなしにつよい。良き力すぎ。

遊戯王.JP様の特設ページにいくと見れるんだけど、イラストも◎。

 

≪究極宝玉陣≫で宝玉獣7種類を融合!デッキからもいけるぞ!

≪究極宝玉陣≫

【罠カード/通常】

①:自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

②:表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ選び、永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 

ざっくりまとめると、

 

墓地に「宝玉獣」を一気に7種類落とせるので、≪究極宝玉神 レインボー・ドラゴン≫及び≪虹の引力≫の条件が一気にクリアーできるのは見逃せません。

さらに、≪究極宝玉神 レインボー・ドラゴン≫≪ドラゴン・目覚めの旋律≫に対応するステータスで、この2枚の相性はとてもいいです。場を一気にレインボー・ドラゴンづくしできるかも!?

こうなったら≪アドバンスド・ダーク≫から≪究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン≫をキメて、ヘルヨハンごっこもしてしまいましょう。

 

 

「宝玉獣」カテゴリー主要カードまとめ!

ではここからは、既存の「宝玉獣」カードの中から押さえておきたい主要カードをピックアップしていきます。

 

≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫は「宝玉獣」のキーカード!

≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫

レベル4  風属性  獣族

ATK  1800  DEF  1200

【効果モンスター】

このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

「宝玉獣」といったらコイツがいなくちゃ始まらない!召喚・反転召喚・特殊召喚時に除外ゾーン以外のあらゆる場所から好きな「宝玉獣」モンスター1体を宝玉化できるエライヤツ。

≪宝玉の絆≫とそれをサーチできる≪虹の架け橋≫が登場したことで、≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫と、ペガサスの効果で宝玉化したい「宝玉獣」モンスターを、かなり安定して場に揃えることが可能になりました。

後述する≪宝玉の集結≫との相性が抜群。

攻撃力が1800あるからそのまま殴ってもつよい。

 

≪宝玉獣 ルビー・カーバンクル≫で一気に特殊召喚しよう!

≪宝玉獣 ルビー・カーバンクル≫

レベル3  光属性  天使族

ATK  300  DEF  300

【効果モンスター】

このカードが特殊召喚に成功した時、自分の魔法&罠カードゾーン上から「宝玉獣」と名のついたカードを可能な限り特殊召喚できる。

このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

 

≪宝玉獣 ルビー・カーバンクル≫は、特殊召喚成功時に宝玉化しているモンスターを可能な限り特殊召喚できる効果を持っています。

一気に大量展開をして全員で攻撃してもいいし、他にも様々なリンク召喚に繋げられるようになったらさらに面白くなりそう。ルビーの効果にチェーンで≪激流葬≫を発動すれば、フィールドのモンスターを一掃した後に宝玉化していた「宝玉獣」が一気に特殊召喚されるっていう恐ろしいコンボになります(゚Д゚;)

宝玉化している≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫を呼び出せば、その効果でまた宝玉化効果が使えてイイネ!

そして再録おめでとう!ルビー!

 

≪宝玉の先導者≫でサーチ!サーチ!サーチ!

≪宝玉の先導者≫

レベル3  闇属性  魔法使い族

ATK  1300  DEF  1000

【Pスケール5】

①:このカードがPゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「究極宝玉神」モンスター及び「宝玉獣」カードは、相手の効果の対象にならない

【モンスター効果】
①:このカードをリリースして発動できる。デッキから、「究極宝玉神」モンスター、「宝玉獣」モンスター、「宝玉」魔法・罠カードの内、いずれか1枚を手札に加える。

 

≪宝玉の先導者≫のモンスター効果はとても魅力的です。「宝玉獣」ならば、ほぼ全てのカードにアクセスできると言っても過言ではないでしょう。

召喚権不足で渋滞をおこしている「宝玉獣」モンスターたちや、手札にきたルビーを特殊召喚できたりと、「宝玉獣」自体もP召喚との相性は良いです。P軸でデッキを組むなら採用間違いなしの一枚です。

新ルールになってからは魔法・罠ゾーンが狭く感じるでしょうが、毎ターンこのカードをP召喚していく動きは極めて強力!

 

≪究極宝玉神 レインボー・ドラゴン≫

≪究極宝玉神 レインボー・ドラゴン≫

レベル10  光属性  ドラゴン族

ATK  4000  DEF  0

【 効果モンスター】

このカードは通常召喚できない。自分のフィールド・墓地に「宝玉獣」カードが7種類存在する場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚したターン、このカードの(1)(2)の効果は発動できない。

①:自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターを全て墓地へ送って発動できる。このカードの攻撃力は墓地へ送ったカードの数×1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:自分の墓地から「宝玉獣」モンスターを全て除外して発動できる。フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。

 

≪究極宝玉陣≫≪虹の架け橋≫≪宝玉の絆≫といった新規カードのおかげで、召喚条件が格段に満たしやすくなったモンスター。

単純に『≪究極宝玉陣≫を発動する=≪究極宝玉神 レインボー・ドラゴン≫の召喚条件が整う』になります。

前述した≪ドラゴン・目覚めの旋律≫のサーチにも対応しているので、特化型を作るなら是非!

こちらも再録おめでとう!

 

≪宝玉の導き≫は超強力な展開札

≪宝玉の導き≫

【魔法カード/通常】

自分の魔法&罠カードゾーンに「宝玉獣」と名のついたカードが2枚以上存在する場合、デッキから「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 

今までは、序盤に引いてしまうと発動条件が満たせないという理由で手札で腐りやすかった≪宝玉の導き≫ですが、≪宝玉の絆≫のおかげで序盤に引いても腐ることがなくなり、超強力な展開札に変貌しました。

  1. ≪宝玉の絆≫≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫サーチし任意の「宝玉獣」モンスター1体を宝玉化
  2. ペガサスをそのまま召喚し、効果で任意の「宝玉獣」モンスター1体を宝玉化
  3. 条件が満たせたので≪宝玉の導き≫発動!

つよい。

 

新規で化けた!?≪宝玉の樹≫

≪宝玉の樹≫

【魔法カード/永続】

「宝玉獣」と名のついたモンスターが魔法&罠カードゾーンに置かれる度に、このカードにジェムカウンターを1つ置く。
このカードを墓地に送る事で、このカードに乗っていたジェムカウンターの数だけデッキから「宝玉獣」と名のついたモンスターを永続魔法カード扱いとして自分の 魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く。

 

≪宝玉の樹≫≪宝玉の絆≫の2枚から宝玉化×4の流れ

  1. ≪宝玉の樹≫を発動
  2. ≪宝玉の絆≫≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫サーチし任意の「宝玉獣」モンスター1体を宝玉化 (ジェムカウンター+1)
  3. ペガサスをそのまま召喚し、効果で任意の「宝玉獣」モンスター1体を宝玉化 (ジェムカウンター+1)
  4. ≪宝玉の樹≫を墓地に送り、任意の「宝玉獣」モンスター2体を宝玉化

こ、これは…!もうなんでもできそう( ˘•ω•˘ )

 

≪宝玉の集結≫の効果は全部つよい

≪宝玉の集結≫

【罠カード/永続】

このカードの①②の効果は同一チェーン上では発動できない。

①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「宝玉獣」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動できる。デッキから「宝玉獣」モンスター1体を特殊召喚する。

②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送り、自分フィールドの「宝玉獣」カード1枚とフィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。対象のカードを持ち主の手札に戻す。

 

①の効果は、「宝玉獣」の疑似的な破壊耐性にとどまらず、≪宝玉獣 サファイア・ペガサス≫≪宝玉獣 ルビー・カーバンクル≫をリクルートすれば、その効果に繋げることができてとても強力です。自爆特攻や、「メタルフォーゼ」≪天空の虹彩≫の自壊ギミックと組んでも面白そうです。

②の効果は、”「宝玉獣」カード ”が対象なので、宝玉化したカードも対象にできます。宝玉化したカードを手札に戻し再利用できる他、魔法・罠ゾーンの圧迫も解消することができます。
かつ、フリーチェーンのバウンス(セルフバウンスも可)なので、すごく器用に動ける一枚。

 

おわりに

 

最高の新規サポートカードと切り札を得た「宝玉獣」!

既存の「宝玉獣」カテゴリーカードの潜在的な力が全体的にぐぐっと底上げされているので、これを機にカードを1から見直してみるのも発見があって楽しそうです(*´з`)

これから「宝玉獣」を組むなら今回の新規カードは間違いなく必須なカードになるはず…!ほんっとうれしい強化でした。

 

 

↓↓↓あとこれ、デュエルリンクス新キャラ、ヨハンかな!?

 

(=゚ω゚)ノジャマタ

 

クリック応援おねがいします♪

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ