【写真つき】2重スリーブ・3重スリーブ・多重スリーブのやり方まとめ【遊戯王などミニサイズTCG対応・キャラスリを保護して使いたい】

遊戯王カードなど、ミニサイズのカード【横59mm×縦86mm】の2重スリーブ、3重スリーブ~多重スリーブのやり方をまとめます。

スリーブの”入れ方””重ね方”、”重なり具合”などなど、写真を入れつつ紹介します。正しい重ね方というものもありませんが、ひとつの参考にしていただければうれしいです。

レギュラーサイズのキャラスリ【横67mm×縦92mm】の3重・多重スリーブ のやり方はこちらの記事でまとめています。

 

注意点として、今回の記事は写真が多めです。目次で飛んでもわかりやすいように、内容が重複する場面もございます。ご了承ください。

( @△@)ノ

また、今回は2重スリーブ~4重スリーブ(最後にネタで5重スリーブ)までをご紹介しますが、素人による紹介であることをご承知おきしていただきたいのと、当記事は、あくまで「重ねるときのサイズがわかりやすいように」「カードもスリーブも大事に気持ちよく扱えるように」、まとめた記事になります。ご自身の目的に合わせた重ね方を管理人は推奨します。

 

上記注意点をご了承いただけたら、以下の記事へとお進みください。



2重スリーブの基本

1重目【横63mm×縦90mm】

1重目に、皆さんが使っているミニサイズ(遊戯王サイズ)のスリーブを使用します。

遊戯王公式スリーブのサイズは【横63mm×縦90mm】。

リンクブレインズボックスの特典スリーブも同様のサイズです。今回はリボルバーのスリーブを例として紹介します。

このスリーブを1重目として、遊戯王カード【横59mm×縦86mm】(ミニサイズのTCGはこのサイズです)に重ねます。

《スニッフィングドラゴン》すき。この子が活躍する、ヴレインズの「TURN9 追い求めてきた敵」は必見です(/@Д@)/

1重目はこれで終わりです。

 

2重目【横64mm×縦92mm】

1重目が終わったら、ここにミニスリーブ対応のスリーブガードを重ねていきます。(基本的に多重スリーブは、縦横「2mm」の差があれば重ねられるという認識でオッケーです。)

注意点として、「スリーブ自体の厚さ」や「製造メーカー」による誤差がありますから、いろいろと試してみましょう。手触りやシャッフルのしやすさもチェックポイントです。

 

今回はこちら(下写真)【横64mm×縦92mm】を使います。友だちに勧められて使ってみたところ、透明度がかなり高くておすすめです。比較的リーズナブルなところもポイント高し。(管理人の住む地域では、TSUTAYAやヨドバシカメラあたりに置いてあります。)

1重目に重ねてあげます。

順番はこの通り。最後は上からかぶせるように入れてあげます。こうすることで、ポケット部分の折れ防止になります。

キズやよごれから守ることができて、スリーブをより長く使えます。

2重スリーブの完成です。お疲れさまでした。

万が一キズやよごれがついてしまった場合は、外側のスリーブだけ交換してあげれば、またきれいな状態でプレイできるでしょう。

 

3重スリーブの基本

2重スリーブとの違いは、最初に重ねるインナースリーブの有無です。

それ以降は2重スリーブのやり方と重複する部分があります。理解している方はお飛ばし下さい。

 

1重目【横61mm×縦88mm】or【横60mm×縦87mm】

今回は遊戯王公式スリーブの、『デュエリストカードスリーブーシルバー(100枚入り)』を例として取り上げます。

こちらのサイズは【横61mm×縦88mm】。(ミニスリーブより1周り小さめです)

これを1重目として、遊戯王カード【横59mm×縦86mm】に重ねます。

今回の良デザイン。

ぴったりです。

 

1重目はさっきのより1周り小さい、ジャストサイズのスリーブ【横60mm×縦87mm】でも代用可能です。

無地が好きなら透明スリーブ。

カードの保護にも最適。

両方とも分厚くならず、ストレージボックスに入れてもスレなどが気にならなくなるメリットがあります。

 

2重目【横63mm×縦90mm】

2重目に遊戯王公式スリーブ(ミニスリーブ標準サイズ)【横63mm×縦90mm】を重ねます。

1重目でできたものを丁寧に重ねてあげます。

よきスリーブ。

よき下級モンスター。

これで2重目はおわりです。次!

 

3重目【横64mm×縦92mm】

2重目が終わったら、ここにミニスリーブ対応のスリーブガードを重ねます。

基本的に多重スリーブは、縦横「2mm」の差があれば重ねられるという認識でオッケーですが、注意点として、「スリーブ自体の厚さ」や「製造メーカー」による誤差がありますから、いろいろと試してみましょう。シャッフルのしやすさ、求めやすさも重要なチェックポイントです。

 

今回はこちら(下写真)【横64mm×縦92mm】を使います。友だちに勧められて使ってみたところ、透明度がかなり高くておすすめです。比較的リーズナブルなところもポイント高し。(管理人の住む地域では、TSUTAYAやヨドバシカメラあたりに置いてあります。)

2重目に重ねていきます。

順番はこの通り。

最後は上からかぶせるように入れてあげます。こうすることで、ポケット部分の折れ防止になります。

スリーブも大事にすれば、長く使えて愛着がわきます。いつもきれいだと気分もよき。

これで3重スリーブの完成です。お疲れさまでした。


多重スリーブへのやぼう

注!!ここからは、1度でいいから思いっきり多重スリーブをしてみたかった管理人のやぼうと、おふざけが入ります。注意されたし。

あと、派手な画はあまり期待なさらずに(。@ω@))))))

 

5重スリーブにしてハノイの塔を完成させるのだ

このブログを見てくださっている方ならご存知かもしれませんが(感謝!)、年末にこんな記事を書きました。
内容はリンクブレインズボックスでリボルバーのスリーブが手に入ったら5重スリーブにしてハノイの塔をつくるというもの。

 

ツイッターでも着々と計画を進めておりました。

イメージとしてはこんな感じ

そしてついに今日、作戦が決行されるのです…!

 

ハノイの塔(5重スリーブ)つくってみた

塔の内訳~今回使用するスリーブのサイズ一覧

  1. スニッフィング・ドラゴン・・・【横59mm×縦86mm】
  2. デュエリストミニジャストサイドIN(A’class)・・・【横60mm×縦87mm】
  3. デュエリストカードスリーブーシルバー100枚入り(KONAMI)・・・【横61mm×縦88mm】
  4. リボルバースリーブ(遊戯王公式)・・・【横63mm×縦90mm】
  5. キャラプロテクトミニハードタイプ(Answer)・・・【横64mm×縦92mm】
  6. カードプロテクターオーバーガードZ(YANOMAN)・・・【横68mm×縦93mm】

※後述しますが、今回他のスリーブがなかったためこちらのスリーブ(一番大きいスリーブ)を採用しています。そのため5重目はちょっと横のサイズが飛び過ぎててぶかぶかになっています。【横66mm×縦93mm】が丁度よさそうに思います。ご了承ください。

 

1~4重スリーブまで

1重目は【横60mm×縦87mm】。今回は、デュエリストミニジャストサイドIN(A’class)を使用。

3重スリーブの項で、カードの保管に最適と紹介したスリーブですね。

こちらをていねいにいれていきます。

 

2重目は【横61mm×縦88mm】。今回は、デュエリストカードスリーブーシルバー100枚入り(KONAMI)を使用。

ちょっとサイズがシビアです。かなりぎりぎり。

1重目の相性で入らない場合もありますので、別のスリーブに変えるなどをして、無理に入れたりはしません。

 

3重目は【横63mm×縦90mm】。今回は、リンクヴレインズボックス特典のリボルバースリーブ(遊戯王公式)を使用。

根気(愛)が試される。

 

4重目は【横64mm×縦92mm】。今回は、キャラプロテクトミニハードタイプ(Answer)を使用。

2重スリーブの項で、2重目に使用したスリーブですね。

なかなか厚みを感じるようになってきました。

 

これで4重スリーブの完成です。

今回紹介する方法では、3重との違いはインナースリーブを2重にするか否かだけですが、1枚1枚の厚み(硬さ)が大きく違います。

 

魔境の5重目。締めにはコレ…!

トドメの5重目は、オーバーガードZ【横68mm×縦93mm】で締めます。おそらく【横66mm×縦93mm】が丁度いいでしょう。

横のサイズが離れてしまいましたが、最☆硬の2文字にやられました。正直このサイズは使ったことがありません。

 

さわるとわかる。やばいやつだこれ!

重ねていきます。

あっ(DE☆KA☆I)

 

これで5重スリーブの完成です!

 

 

気になるデッキの高さ(厚さ)。結果は・・・!!?

 

( @ω@)・・・?!

 

 

 

 

理想

 

現実

 

 

理想

 

現実

リボルバーの肩にも届かない。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

 

 

(/@Д@)/なんかゴメンネ!!!!!


おわりに

お気に入りのデッキは好きなスリーブに入れたい。

好きなスリーブは大切につかいたい。

カードをていねいに扱っていると、きっとカードも応えてくれるはず(/@Д@)/ていねいに扱っている人をみるとこちらも気持ちがいいもの。

 

自分と対戦相手がどちらも気分よくプレイできるのが理想です。

ほんのちょっとの心がけ。

 

 

 

 

・:*+.\(( @ω@ ))/.:+(なぞの締め方)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 

(=゚ω゚)ノジャマタネー

 

この記事をいいね!って思った方、よろしければクリック応援おねがいしますうううう!

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ