【デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ】収録テーマ『空牙団』(くうがだん)まとめ&考察!*追記しました【遊戯王】

https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/964054173795852288(※画像は遊戯王OCG公式ツイッターより引用→https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/964054173795852288)

収録カードで簡単にデッキを組むことができる「デッキビルドパック」シリーズ。

そこに新たなテーマ、『空牙団』(くうがだん)が登場しました!

下級モンスターと上級モンスターとで、それぞれ”特殊召喚”をトリガーとした特徴的な効果をもっています。

次々と仲間が駆けつける強力な展開力と効果で連携していく「空牙団」!

当記事ではそんな「空牙団」カテゴリーの最新情報を追いつつ、相性のよさそうなカードや考察もふまえて、随時更新していきたいと思います。(2018.2.14新規判明したため追記しました)

(/@Д@)/

では、さっそく「空牙団」のカードたちをみていきましょう。

もくじ



公式Twitterで最新情報が公開!


イラストやテキストの詳細については、上の遊戯王公式Twitterさまから飛んで見てくださいね。見るべし!

イラストも効果もなかなかよきよき~((@ω@。)(。@ω@))

 

公式ページもオープンしたようです!

いよいよって感じです(/@ω@)/

 

「空牙団」下級モンスター

下級モンスター共通効果として

①メインフェイズに手札から、同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚する起動効果

②自身が既にモンスターゾーンに存在している状態で、自分フィールドに同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる誘発効果

の二つをもっています。(どちらの効果も同名ターン一回制限)

①効果で特殊召喚補助をして、②の効果へと繋ぐ。自己完結しているところが優秀です。

 

繰り返しになりますが、「空牙団」は下級モンスターと上級モンスターとで、それぞれ”特殊召喚”をトリガーとした特徴的な効果をもっています。

下級と上級とで分類すると、それぞれに共通効果も含んでいますので、そのあたりを注目してあげるとわかりやすいはずです。

(/@Д@)/ではひとつずつ見ていきましょう!

 

セットカードを破壊!《空牙団の飛哨 リコン》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の飛哨 リコン》

レベル2  風属性  獣族

ATK  1000  DEF  500

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

リコンは

  • 同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる起動効果(下級共通効果)
  • 同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に、フィールドのセットされたカードを対象として破壊する効果

をもっているレベル2・風属性・獣族のモンスターです。次に紹介するドンパと対になっていてカワ\(( @ω@ ))/イイ!!です。

 

「空牙団」下級モンスターは今のところ、みんな①の特殊召喚補助がついているので、展開に長けたテーマに見えます。

②の効果もセットカード破壊と、バックをケアできる汎用性の高い効果です。

また破壊効果は、セットカードならば自分か相手かを問わないので、そのあたりもポイントになるかもしれません。

 

表側表示の破壊!《空牙団の撃手 ドンパ》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の撃手 ドンパ》

レベル2  風属性  獣族

ATK  500  DEF  1000

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

ドンパは

  • 同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる起動効果(下級共通効果)
  • 同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に、フィールドの表側表示のカードを対象として破壊する効果

をもっているレベル2・風属性・獣族のモンスターです。先ほどのリコンと対になっていてカワ\(( @ω@ ))/イイ!!です。

リコンがセットカード破壊でしたが、ドンパは表側表示のカードを破壊できます。リコンと同じく自分フィールド上のカードも破壊可能。

モンスターやフィールド魔法などにはドンパが効果的。

 

「空牙団」モンスターをサーチ!《空牙団の剣士 ビート》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の剣士 ビート》

レベル3  地属性  戦士族

ATK  1200  DEF  500

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

ビートは

  • 同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる起動効果(下級共通効果)
  • 同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に、デッキから「空牙団」モンスターをサーチする効果

をもっているレベル3・地属性・戦士族のモンスターです。

展開効果を備えていて「空牙団」モンスターのサーチもこなせるすごいヤツ。

戦士族という種族にも恵まれ、自身も《増援》などからサーチもきいて◎。

 

手札の「空牙団」を墓地に送り1ドロー!《空牙団の舵手 ヘルマー》

遊戯王OCG公式ツイッター様から引用

《空牙団の舵手 ヘルマー》

レベル3  水属性  水族

ATK  0  DEF  2000

【効果モンスター】

このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。手札から「空牙団の舵手 ヘルマー」以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。

②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドにこのカード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合、手札から「空牙団」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

ヘルマーは

  • 同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる起動効果(下級共通効果)
  • 同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に、手札の「空牙団」カードを捨てて1ドローに交換する効果

をもっているレベル3・水属性・水族のモンスターです。

手札の質を良くしつつ、「空牙団」の種類数を稼げるモンスターとして活躍が期待されそうです。

能動的に墓地にカードを落とせるため、相手ターンにドンパやリコンの効果の発動を狙える《リビングデッドの呼び声》などの蘇生カードを使いやすくなるでしょう。

ウィズと仲がよさそう?(@ω@。)

(追記)専用蘇生カード《烈風の空牙団》の判明で、能動的に「空牙団」モンスターを墓地に送れる《空牙団の舵手 ヘルマー》の評価がアップしました!・:*+.\(( @ω@ ))/.:+

 

攻守を500ずつアップ!《空牙団の闘士 ブラーヴォ》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の闘士 ブラーヴォ》

レベル4  炎属性  爬虫類族

ATK  1900  DEF  200

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

ヴラーヴォは

  • 同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる起動効果(下級共通効果)
  • 同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に、フィールドの全ての「空牙団」モンスターの攻守をターン終了時まで500ずつアップする効果

をもっているレベル4・炎属性・爬虫類族のモンスターです。

まず、素の攻撃力が1900と高いのがポイントです。

②の全体バフ効果は、展開に長けた「空牙団」デッキならばかなり有効。お手軽パンプアップ。

ターン1ですが任意効果なので、展開効果で最後のモンスターを特殊召喚したタイミングでヴラーヴォの②効果の発動を選択するのがつよいです。

現時点で実用性はわかりませんが一応、炎属性で守備力が200なので《真炎の爆発》にも対応です。

 

墓地の「空牙団」をサルベージ!《空牙団の参謀 シール》

遊戯王OCG公式ツイッター様から引用

《空牙団の参謀 シール》

レベル4  闇属性  獣戦士族

ATK  1600  DEF  1000

【効果モンスター】

このカード名の①②効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。手札から「空牙団の参謀 シール」以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。

②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドにこのカード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合、自分の墓地の「空牙団」モンスター1枚を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

シールは

  • 同名以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる起動効果(下級共通効果)
  • 同名以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に、墓地の「空牙団」モンスターをサルベージする効果

をもっているレベル4・闇属性・獣戦士族のモンスターです。

まず、「空牙団」下級モンスターの中では攻撃力が1600と高いのは強みです。

そして獣戦士族なので、《炎舞-「天キ」》でサーチがきくのも見逃せません。選択肢としての《小法師ヒダルマー》が使いやすくなり、《烏合の行進》との相性が格段に上昇。

「空牙団」では手札に「空牙団」モンスターを握れることが重要になりますので、②のサルベージ効果も非常にコンセプトとマッチしていると思います。

 

「空牙団」上級(最上級)モンスター

上級モンスターの共通している部分は

①自身が特殊召喚に成功した場合に発動できる。同名以外の自分フィールドの「空牙団」モンスターの種類の数だけ~

②相手の動きを抑制する効果

の二つです。(どちらの効果も同名ターン一回制限)

上級ですが、「空牙団」下級モンスターに展開効果があるので、召喚には困ることはないでしょう。

登場時に「空牙団」モンスターの種類の数だけ強力になる効果を放ちつつ、そのままフィールドに維持して相手の動きを抑制&制圧していく感じです。

ここからは「空牙団」モンスターの種類数も大事になってきます。

 

手札増強&相手のモンスター効果を封じる!《空牙団の英雄 ラファール》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の英雄 ラファール》

レベル8  光属性  ドラゴン族

ATK  2800  DEF  2200

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

ラファールは

  • 自身の特殊召喚が成功した場合に、場の「空牙団」モンスターの種類の数だけデッキトップを見て、その中から1枚を手札に加える効果
  • 相手がモンスター効果を発動した時に、手札から「空牙団」カード1枚を捨てることで、その発動を無効にする効果

をもっているレベル8・光属性・ドラゴン族のモンスターです。

①の効果は、最低でも1枚手札が増える強力な効果です。加えるカードも「空牙団」でなくてもいいのが◎。《空牙団の剣士 ビート》の効果でラファールを特殊召喚すれば、それぞれの効果で手札が2枚増える!

②のモンスター効果を無効にする効果も強力で、手札コストには”「空牙団」カード”が指定されているため、《空牙団の修練》などのモンスターカード以外でもオッケー。

”発動を無効にして「破壊」”ではなく、”発動を無効にする”です。それでもつよい。

①の効果にチェーンしてきた各種手札誘発モンスターに強く出ていけるのもいい耐性ですね(@ω@。)

 

回復役&魔法・罠を封じる!《空牙団の叡智 ウィズ》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の叡智 ウィズ》

レベル7  水属性  魔法使い族

ATK  1600  DEF  2800

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

ウィズは

  • 自身の特殊召喚が成功した場合に、場の「空牙団」モンスターの種類の数×500のライフポイントを回復する効果
  • 相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に、手札から「空牙団」カード1枚を捨てることで、その発動を無効にする効果

をもっているレベル7・水属性・魔法使い族のモンスターです。

①のライフ回復効果は、バフ効果をもつヴラーヴォと同じように、展開に長けた「空牙団」デッキならばかなりの回復量が期待できます。

今年の1月から《神の警告》が準制限になりました。ライフコストを要求するカードも、ウィズの回復で無理なく使えて相性がいいかもしれません。

また、②の効果は言うまでもなく強力です。自身の防御力も合わさってこのカードを突破するのは至難の業。

また魔法使い族のため、種族サポートカードも一考の余地あり。

 

ラファールもウィズも手札コストを要求するので、いかに手札に「空牙団」カードを残しておけるかが重要。

 

バーン効果&仲間を対象にとらせない!《空牙団の孤高 サジータ》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の孤高 サジータ》

レベル5  風属性  鳥獣族

ATK  1200  DEF  2400

【効果モンスター】

(※テキストは後日追記します)

サジータは

  • 自身の特殊召喚が成功した場合に、場の「空牙団」モンスター種類の数×500のバーンダメージを与える効果
  • フィールドに存在する限り、相手はこのカード以外の「空牙団」モンスターを効果の対象にできなくする効果

をもっているレベル5・風属性・鳥獣族のモンスターです。

①のバーンダメージ効果はかなりやばそうです。「空牙団」下級モンスターの効果で特殊召喚するので基本的に1000バーン以上のダメージが入ります。でかい。詰めのカードとして十分すぎる効果です。

また②の効果も非常に強力で、《トロイメア・ケルベロス》や《月の書》などの対象にとる効果から、他の「空牙団」モンスターを守ることができます。

ただし、自身は対象にとられてしまいますので、注意が必要です。2体並べばお互いにお互いを守れるでしょう( @△@)(@△@ )☆

 

仲間を守り墓地をかっさらう頼れる兄貴!《空牙団の豪傑 ダイナ》

遊戯王OCG公式ツイッター様から引用

《空牙団の豪傑 ダイナ》

レベル6  地属性  獣戦士族

ATK  2500  DEF  1400

【効果モンスター】

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドの「空牙団」モンスターの種類の数まで相手の墓地のカードを選んで除外する。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他の「空牙団」モンスターを攻撃対象に選択できない。

兄貴は

  • 自身の特殊召喚が成功した場合に、場の「空牙団」モンスター種類の数まで相手の墓地のカードを除外する効果
  • フィールドに存在する限り、相手は他の「空牙団」モンスターを攻撃対象に選択できなくする効果

をもっているレベル6・地属性・獣戦士族のモンスターです。

①の墓地除外効果は、発動時に対象をとらず、枚数も選べるため使いやすそうです。墓地は”第二の手札”ですから、こういった効果は非常に強力。

また②の効果によって、フィールドに維持しておきたい「空牙団」下級モンスターたちを戦闘から守れるのはエライ。《空牙団の剣士 ビート》でアドバンテージを稼いだり、リコン&ドンパでフィールドをコントロールしやすくなるでしょう。

《空牙団の参謀 シール》の項でも書きましたが、獣戦士族なのも追い風です。俺の名をいってみろォォォォ


「空牙団」魔法カード

ドローが確定「空牙団」になるフィールド魔法!《飛竜艇ーファンドラ》

(※画像は発売後に追記します)

《飛竜艇ーファンドラ》

【魔法/フィールド】

(※テキストは後日追記します)

フィールド魔法である《飛竜艇ーファンドラ》には2つの効果があります。

  1. ドローフェイズの通常ドローを「空牙団」モンスターのサーチに変換できる効果
  2. フィールドに「空牙団」モンスターが5種類以上存在する場合に、自身を墓地へ送って相手のフィールドのカードを全て破壊する効果(この効果発動後は相手が受ける全てのダメージが0になります)

①効果は、発動までにタイムラグがありますが、好きな「空牙団」モンスターをドローできるようになります。

「空牙団」では、モンスターの種類と手札の「空牙団」カードが重要になるので、このカードがあればかなり安定感がアップします。

アドバンテージを稼げる《空牙団の剣士 ビート》や《空牙団の英雄 ラファール》へのアクセス手段が多いのも単純に魅力的。

 

②効果も狙えば発動機会は多そうです。①効果のついでに、どうしても突破できない場及びカードに対しての対抗札としても使えるのはよき!

”このターン”ではなく“発動後”という記述なので、それまでのダメージは有効です。バトルフェイズを行って、相手の動き次第でメイン2に起動してもイイネ。

 

「空牙団」専用蘇生カード!《烈風の空牙団》

(※画像は発売後に追記します)

《烈風の空牙団》

【魔法/速効】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分の墓地の「空牙団」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

守備表示限定ですが「空牙団」モンスターならなんでも蘇生が可能。

このカードがつよいのが、速効魔法であること。フリーチェーンで蘇生しつつ、各種「空牙団」の特殊召喚成功時に発動する効果を使用できるようになりました。

《空牙団の舵手 ヘルマー》が使いやすくなったのイイネ(✿´ ꒳ ` )

相性のよいカード欄に《リビングデッドの呼び声》と書いていますが、攻撃表示蘇生にこだわらなければ《烈風の空牙団》でよいでしょう。

 

「空牙団」罠カード

「空牙団」モンスターがリクルーターになる永続罠!《空牙団の修練》

(※画像は発売後に追記します)

《空牙団の修練》

【罠/永続】

(※テキストは後日追記します)

《空牙団の修練》は

  • フィールドの「空牙団」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に、そのモンスターの元々のレベルより低いレベルをもつ「空牙団」モンスターをデッキから特殊召喚する効果(同名ターン1発動制限があります)

をもつ永続罠です。

簡単に言えば、「空牙団」モンスターにレベル参照のリクルーター効果を付与する永続罠です。

  • 疑似的な破壊耐性
  • 展開の要である「空牙団」下級モンスターを維持しやすい
  • 特殊召喚された場合の効果を奇襲的に使う
  • 自爆特攻してリコンとドンパで除去する、サジータでライフを詰める

などなど、このカード1つでかなり自由度が高まります。戦略の幅が広がります。良罠!

このカードの使い方次第で戦況が大きく変わる場面も多いことでしょう。

 

「(*´з`)こんな使い方あるよ~」っていうのがありましたら、ぜひ教えてください!ネタでも可!

 

『空牙団』デッキを回すにあたって覚えておきたいプレイング

下級と上級でチェーンブロックを組もう!

「空牙団」におけるアドバンテージ源である《空牙団の剣士 ビート》や《空牙団の英雄 ラファール》の効果はとても重要です。

下級の②効果と上級の①効果はそれぞれ、特殊召喚成功時に発動できる任意効果です。同時に発動する任意効果はプレーヤーが自由にチェーンを組むことができます。

ですから《灰流うらら》や《無限泡影》によって止められてしまわないようにチェーンの組み方を工夫しましょう。

 

ビートの効果を防がれる例

  1. ウィズの①効果を発動
  2. ウィズ効果にチェーンしてビートの②効果を発動
  3. ビート効果にチェーンしてうららの効果を発動

⇒上記のように、ビートをチェーンの最後にもってきてしまうと、ビートの効果にうららをうたれてしまいます。

 

ビートの効果を通すことのできるチェーンの組み方例

  1. ビートの②効果発動
  2. ビート効果にチェーンしてウィズの①効果を発動
  3. ビートにチェーンするタイミングがないのでビートにうららは発動できない(チェーン発動するかどうかはウィズ効果に対してのみ選択できる)
  4. ウィズの効果処理後、ビートの効果が処理される

⇒こうすることで、安全にビートの効果を通すことができます。

 

同じように、

  1. ラファールの①効果を発動
  2. ラファールの効果にチェーンしてリコンの②効果を発動

とすることでラファールの効果にチェーン発動させる隙を作らずに効果を通すことが可能です。

ポイントは、通したい効果からチェーンを組み始めるということです。(そこに同時発動できる他の任意効果で重ねる。)

 

ルール的に少し難しい部分ですが、慣れてくると色んな場面で使えるテクニックなので、覚えるとよりデュエルが面白くなります・:*+.\(( @ω@ ))/.:+

 

『空牙団』と相性のいいカード

《増援》&《炎舞-「天キ」》

《空牙団の剣士 ビート》は「空牙団」におけるキーカードですので、ビートをサーチできる《増援》を一緒に入れてあげましょう。

また、《空牙団の参謀 シール》をしっかり採用する場合は、シールをサーチできる《炎舞-「天キ」》が便利です。

《名推理》

「空牙団」モンスターには現時点でレベルが2~8まで存在しており、ばらけているので《名推理》が決まりやすいです。

「空牙団」上級モンスターは、効果にモンスターの種類数を参照としているので、こうした展開カードがあると便利です。共通の、特殊召喚成功時の効果も狙えるのが相性抜群です。

 

《烏合の行進》

「空牙団」は手札の充実が非常に重要。

《烏合の行進》は、自分フィールド上に獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかのモンスターが存在する場合、その種族1種類につき1枚デッキからカードをドローする通常魔法です。

  • リコン&ドンパ →獣族
  • シール&ダイナ →獣戦士族
  • サジータ →鳥獣族

ですので、最大3ドローまで期待できます。フィールドに並べやすく、サーチもききやすいため2ドローがかなり安定しそうで楽しそうです。

ただデメリットとして、《烏合の行進》を発動するターン、他の魔法・罠カードを効果を発動できないため注意が必要です。

《強欲で貪欲な壺》

「空牙団」は手札の充実が非常に重要。ドローは正義。《烏合の行進》と同じ理由で採用が期待できます。

 

《小法師ヒダルマー》

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体を素材にリンク召喚できるモンスターです。

魔法・罠を破壊する効果や、戦闘破壊したときに獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを墓地からサルベージする効果、展開するためにメインモンスターゾーンを空けるなど、器用な動きが期待できます。

「空牙団」では素材に困ることはなさそうですし、選択肢の1つとしてエクストラデッキに忍ばせておくと非常に活躍してくれそうです。

種族・効果に関連して《スケープ・ゴート》・《炎舞-「天キ」》ともシナジーしてよき。

 

《リビングデッドの呼び声》

『特殊召喚時』に効果を起動する「空牙団」モンスターたちは、特殊召喚する効果を搭載したカードとの相性がいいです。蘇生カードもその中の1つ。

《リビングデッドの呼び声》は相手ターンにも起動できるところがポイントで、リコン、ドンパなどの効果を奇襲的に使う場合に活躍してくれるでしょう。

蘇生カードを多く採用する場合、「空牙団」モンスターを墓地に送れる《空牙団の舵手 ヘルマー》をしっかり動かしてあげましょう。

(追記):《烈風の空牙団》が新規で判明しました!効果は速効魔法の「空牙団」専用蘇生カードで、攻撃表示での蘇生にこだわらなければ、《リビングデッドの呼び声》よりもこちらを優先していいでしょう。

 

《神の警告》&《神の通告》

どちらも強力なカウンター罠カードですが、発動するにあたって大きなライフコストが必要です。

「空牙団」では《空牙団の叡智 ウィズ》でライフポイントの回復ができますし、《空牙団の英雄 ラファール》の①効果で手札に引き込む動きも強力で、《神の警告》や《神の通告》と相性がいいです。

 

おわりに

いよいよ2018年2月24日(土)発売の『デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ』。

新規枠もまだまだあるのですごく楽しみですね!(2018.2.14新規判明したため追記しました)

 

この記事は、まだまだ未完成。これからどんどん書き込んでいくつもりなので、また見に来てくれたらうれしいです。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 

(=゚ω゚)ノジャマタ

 

この記事をいいね!または、どんどん書き込んでくれ!って思った方、よろしければクリック応援おねがいします・:*+.\(( @ω@ ))/.:+

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ