【ネオス展開を考える回】ラスオブ(∩’-‘⊂)ネオス【コンタクト融合・レインボーネオス・クロスポーター・イゾルデ】

こんにちは(∩’-‘⊂)ネオスです

 

 

今日はいつものデッキ紹介ではなく、おためしで、”ネオスパーツでできる動き”を考えてみましたので、その紹介になります。

できるだけネオスの動きを詰め込んで、写真を多めに入れて見やすくまとめました。実用性は考えず、これをきっかけになにかの気づきやヒントになればいいなというのが今回の目的(構築に悩んでいた昔の自分に向けて書きます)

(/@Д@)/

では、以下から一手一手動かしていきます!



ネオスの動き研究

今回はこの4枚をつかいます。4枚もつかいます。

( @△@)イルカ、大事。

では、動かしてみましょう!

 

展開

《ヒーローアライブ》を発動→効果でデッキから《E・HERO エアーマン》を特殊召喚

《E・HERO エアーマン》の効果を発動。

《E・HERO エアーマン》

デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

効果でデッキより《E・HERO シャドー・ミスト》をサーチ

 

***

手札の《E・HERO シャドー・ミスト》をコストに《ドラゴン・目覚めの旋律》を発動

《ドラゴン・目覚めの旋律》

①:手札を1枚捨てて発動できる。
攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

旋律の効果でデッキから《混沌帝龍ー終焉の使者ー》と《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》をサーチ

その後、墓地へ送られた《E・HERO シャドー・ミスト》の②効果も発動し、デッキから《E・HERO ブレイズマン》をサーチ

《E・HERO シャドー・ミスト》

②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。

ヽ(@▽@)/

この3枚サーチする動きがきもちいい~

 

***

《E・HERO ブレイズマン》を通常召喚。ブレイズマンの①効果でデッキから《融合》をサーチ

《E・HERO ブレイズマン》

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

( @△@)ノブレイズマンはアクセスしやすいのがウリ

 

***

《E・HERO エアーマン》と《E・HERO ブレイズマン》を素材に《聖騎士の追想 イゾルデ》をリンク召喚

《聖騎士の追想 イゾルデ》

①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。

《聖騎士の追想 イゾルデ》の①効果でデッキから《E・HERO ネオス》をサーチ

《E・HERO ネオス》

ネオスペースからやってきた新たなるE・HERO。
ネオスペーシアンとコンタクト融合する事で、未知なる力を発揮する!

 

***

デッキから装備魔法を2枚墓地へ送って《聖騎士の追想 イゾルデ》の②効果を発動。

②:デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

効果でデッキから《クロス・ポーター》を特殊召喚!

 

***

《クロス・ポーター》の1つ目の効果を発動。

《クロス・ポーター》

自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択した自分のモンスターを墓地へ送り、手札から「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

効果で自身を墓地へ送り、手札の《N・アクア・ドルフィン》を特殊召喚

墓地へ送られた《クロス・ポーター》の2つ目の効果も発動。

また、このカードが墓地へ送られた時、
デッキから「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

デッキから《N・グラン・モール》(状況に応じて必要なN(ネオスペーシアン)モンスター)をサーチ

( @△@)ノ

コンタクト融合ではN(ネオスペーシアン)へのアクセスが重要です。

 

***

《聖騎士の追想 イゾルデ》と《N・アクア・ドルフィン》を素材に《サモン・ソーサレス》をリンク召喚

イルカが必要なのはこのためです( ∩︎ˇωˇ∩︎)イルカは戦士族…

 

***

手札から《融合》を発動。《E・HERO ネオス》と《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》で《レインボー・ネオス》を融合召喚!

 

***

《レインボー・ネオス》を対象に《サモン・ソーサレス》の②効果を発動。

《サモン・ソーサレス》

②:このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

デッキから《E・HERO プリズマー》を効果を無効にしてリクルート

エクストラデッキの《E・HERO ストーム・ネオス》を相手に見せて《N・エア・ハミングバード》をコストでデッキから墓地へ送り《E・HERO プリズマー》の①効果を発動

→《サモン・ソーサレス》により効果は不発

《E・HERO プリズマー》

①:1ターンに1度、エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体をデッキから墓地へ送って発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。

 

***

《レインボー・ネオス》の1番目の効果を発動。

《レインボー・ネオス》

自分フィールド上のモンスター1体を墓地へ送る事で、相手フィールド上のモンスターを全てデッキに戻す。

効果で《E・HERO プリズマー》を墓地に送り、相手モンスターを全てデッキに戻す

 

***

《ミラクル・コンタクト》を発動。墓地の《E・HERO ネオス》と《N・アクア・ドルフィン》と《N・エア・ハミングバード》を素材に《E・HERO ストーム・ネオス》を特殊召喚

《E・HERO ストーム・ネオス》の1つ目の効果を発動。

《E・HERO ストーム・ネオス》

1ターンに1度、自分のメインフェイズ時にフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊できる。

効果でフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊

 

現時点での結果

  • フィールド一掃
  • 2400(サモソ)+4500(ネオス)+3000(ストーム)で、総攻撃力9900!
  • 手札に《混沌帝龍ー終焉の使者ー》と《N・グラン・モール》(N(ネオスペーシアン)モンスター1体)

《クロス・ポーター》の効果と《E・HERO プリズマー》のコストで任意のN(ネオスペーシアン)2体を自由に選択できるため、トリプルコンタクト融合まで見ることができます

イゾルデとポーターで光と闇がそろいますから、《混沌帝龍ー終焉の使者ー》の召喚条件もクリアし、《ミラクル・コンタクト》が引けない場合の打点になってくれるでしょう

 

「レインボーネオス融合出張セット」

ちなみに「レインボーネオス融合出張セット」は、

  • 《E・HERO ブレイズマン》
  • 《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》
  • 《混沌帝龍ー終焉の使者ー》
  • 《融合》
  • 《ドラゴン・目覚めの旋律》

この5枚。

《E・HERO ブレイズマン》へのアクセスはラクなので、実際には「《ドラゴン・目覚めの旋律》を引くか否か」がポイントです。

デッキパワーは格段に上がるため、メインデッキの5枠をこれらのカードに使うのもおすすめです。

 

***

おまけ

《クロス・ポーター》のサーチ先を《N・グロー・モス》にして、その後の《サモン・ソーサレス》の①効果で相手フィールド上に特殊召喚すると、

  • 植物モンスターをリクルート
  • グロー・モスの効果で手札を増やす

上記のような場を作ることもできます。

《N・グロー・モス》

このカードが戦闘を行う場合、相手はカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、そのカードの種類によりこのカードは以下の効果を得る。
●モンスターカード:このターンのバトルフェイズを終了させる。
●魔法カード:このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
●罠カード:このカードは守備表示になる。

1ドローだけなんだけどね…破壊耐性を付与できれば夢の3ドロー?(非現実的)

( @ロ@)੭ꠥ⁾⁾

デッキトップをめくるたのしいやつ!

 

おわりに

以前より各段にやれることが増えたゆかいな仲間たち。

あくがつよいですが、使ったり考えたりするのがたのしいやつらなのだ。

((@ω@。)(。@ω@))

まだデッキとしてまとめきれていなくて、デッキレシピ紹介はもうちょっと先になるかもしれません。

が!

デッキとしてまとめられるよう、これからたくさん回して遊びます…!しばしお待ちを!

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました(*@ω@)ノジャマタ

 

 

ヒホウ

 

この記事をイイネ!⇒クリック応援をおねがいしますっ・:*+.\(( @ω@ ))/.:+

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ

ツイッターもしています。フォローミー!

気軽に「伝説って…?」などと絡んでくださると、うれしいです。遊戯王関係の方は基本的にフォロバしています。