【遊戯王】「ヴァンパイア」を1から調べながら《ヴァンパイア・サッカー》考察!!ヴァンプ・オブ・ヴァンパイアとの相性が抜群!【フレイムズ・オブ・デストラクション】

『フレイムズ・オブ・デストラクション』収録のリンクモンスター、≪ヴァンパイア・サッカー≫を考えます。

記事の後半戦は、「ヴァンパイア」超初心者の管理人が「ヴァンパイア」カテゴリーについてまとめます。

デッキをいじったことがないけれど、今回を機につくってみたいかもぉ◝︎( ´ω´ )◟︎と考えている方はぜひ一緒に「ヴァンパイア」を勉強しましょう・:*+.\(( @ω@ ))/.:+



《ヴァンパイア・サッカー》の3つの効果をおさらい!

《ヴァンパイア・サッカー》

リンク2  闇属性  アンデット族

ATK  1600  LINK‐2

【リンクマーカー:左下/右下】

【召喚条件:アンデット族モンスター2体】

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。特殊召喚したそのモンスターはアンデット族になる。

(2):自分・相手の墓地からアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

(3):自分がモンスターをアドバンス召喚する場合、自分フィールドのモンスターの代わりに相手フィールドのアンデット族モンスターをリリースできる。

 

 召喚条件はアンデット族モンスター2体!

《ヴァンパイア・サッカー》のリンク素材となるのはアンデット族モンスターです。

アンデット族には《ゾンビ・キャリア》や《馬頭鬼》など、墓地からの蘇生効果をもつカードがたくさんあり、墓地にモンスターが増えれば増えるほどリンク素材の確保がしやすくなります。

墓地蘇生を軸にする場合は、「いかに墓地を肥やすか」が考えるポイント!

アンデット族のトークンってあったっけ?

リンク召喚といえばトークン、トークンといえばリンク召喚です。

アンデット族でトークンを出せるいいカードないかなぁ~って探したところ、ありました。

《スケープ・ゴースト》の黒羊トークンと《九尾の狐》の狐トークンは、なかでも比較的扱いやすそうです。

 

相手墓地のモンスターをアンデット化して蘇生!1ドローもあるよ

①の効果は相手墓地のモンスター1体をアンデット族にして相手フィールドに守備表示で特殊召喚するというもの。

一見相手にアドバンテージを与えてしまっているように見えますが、自身の②のドロー効果が最高につよいので蘇生先をしっかりと選んであげればかなり強力な効果です。自己完結していて◎。

また、蘇生させる場所を選べるので《サモン・ソーサレス》でアンデット族をリクルートしたり、《鉄騎龍ティアマトン》や「ジャックナイツ」などの列効果参照カードのサポートができるのもグッド。

もちろん本命である自身の③効果は、実質《ヴァンパイア・サッカー》1枚が2体分の生贄要因になれるので、以前よりアドバンス召喚が圧倒的にしやすくなるでしょう。

《ヴァンパイア・サッカー》は今のところ、初動で動くには下準備が必須ですが、《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》との相性がとにかくいい(理由は記事後半に書いてあります)ので、相手も展開した後の中盤~後半にかけてどんどんつよく動けるようになるカードだと思っています。

初動の動きは今後じっくりと考えていきたいです(。@ω@)


『ヴァンパイア』テーマをおさらいしよう!

さて、ここからは「ヴァンパイア」カテゴリーをおさらいしていきたいと思います。

一言でいえば、《ヴァンパイア・ロード》から受け継いだアンデット族特有の墓地から蘇る効果と、攻撃力2000と、デッキ破壊効果が特徴的なカテゴリーです。

 

デッキの核を担う《ヴァンパイア帝国》!

《ヴァンパイア帝国》

【魔法カード/フィールド】

フィールド上のアンデット族モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ500ポイントアップする。

また、1ターンに1度、相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、自分の手札・デッキから「ヴァンパイア」と名のついた闇属性モンスター1体を墓地へ送り、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

《ヴァンパイア帝国》には

  • アンデット族のみダメージ計算時に攻撃力500ポイントアップの効果
  • デッキ破壊時に「ヴァンパイア」限定《おろかな埋葬》効果と、フィールドのカードを1枚破壊する効果

といった2つの効果があります。

後述しますが、「ヴァンパイア」と名の付く主要モンスターは基本的に攻撃力が2000なので、500のバフ効果はとても大きくとても強力。相手の場に攻撃力2500以上のモンスターが存在している場合も、2つ目の破壊効果で対応できるでしょう。

デッキ破壊をトリガーとして発動する《ヴァンパイア帝国》。この破壊効果をいかに発動させていくかが、「ヴァンパイア」を組む上でポイントになりそうです。

 

デッキ破壊効果を持つ「ヴァンパイア」モンスターたち

カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手は宣言された種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。

画像左から《ヴァンパイア・グレイス》,《ヴァンパイア・ロード》,《ヴァンパイア・デューク》で、それぞれ上記の共通効果をもちます。

  • グレイスは、1ターンに1度の起動効果として
  • ロードは、プレーヤーに戦闘ダメージを与える度に(《ヴァンパイア・レディ》も同条件)
  • デュークは、特殊召喚成功時に

それぞれデッキ破壊効果が発動できます。

他にもグレイスやロードには自己蘇生効果が、デュークには召喚時に墓地の「ヴァンパイア」モンスターを蘇生する効果がありますので、デッキコンセプトに合わせて採用しましょう。

それにしてもヴァンパイア・ロードはかっこええな…((@ω@。)(。@ω@))

 

帝国も持ってこれてデュークと相性のいい《ヴァンパイア・シフト》!

自分のフィールドにアンデット族モンスターのみが存在する場合に発動できる通常罠です。

《ヴァンパイア帝国》を準備しつつ墓地のデューク(ヴァンパイアモンスター)を特殊召喚できる《ヴァンパイア・シフト》は、デュークとはとても相性がよくて、相手のターンに帝国を起動できる数少ないカードです。

《ユニゾンビ》で墓地のデュークとフィールドのアンデット族をまとめて準備できるので狙ってみてもいいかもしれません。単純にテラフォーミングとして使う分には条件は緩いです(*´з`)

 

「ヴァンパイア」カードをサーチ!《ヴァンパイア・ソーサラー》!

《ヴァンパイア・ソーサラー》は、相手によって破壊された場合にデッキから「ヴァンパイア」カードをサーチする効果と、上級「ヴァンパイア」モンスターのリリース補助をする墓地発動の起動効果を持ちます。

「ヴァンパイア」カードなので、《ヴァンパイア・シフト》などももってこれるのがえらいです。

攻撃力はリクルーター対応の1500で、《ヴァンパイア帝国》下では2000と、準アタッカーもこなせます。

墓地効果が強力なので、帝国のおろ埋効果で積極的に落としていきたいカードです。

 

《シャドウ・ヴァンパイア》は「ヴァンパイア」展開の要!

《シャドウ・ヴァンパイア》(画像左)は、召喚成功時に手札・デッキから「ヴァンパイア」モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。展開する効果は、《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》(画像右)のエクシーズ召喚や《ヴァンパイア・サッカー》のリンク召喚へとつなげやすくて、とてもつよいです。

ただしこの特殊召喚効果の使用後は、その効果で特殊召喚したモンスター以外で攻撃できなくなってしまいますので、そのあたりを考慮してプレイしていきたいところ。

先行の札としては間違いなく強力ですし、ランク5の《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》にエクシーズして、相手の墓地に存在する制圧系モンスターや《幽鬼うさぎ》などをこちらの場に特殊召喚するのもアリ。

シャドウで《ヴァンパイア・デューク》をリクルートすることで、間接的にデッキ破壊効果へとアクセスできるのも器用ですね。

 

相性抜群!『ヴァンパイア・サッカー』で蘇らせた相手モンスターを《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》で吸収しよう!

《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》は、召喚成功時、または「ヴァンパイア」モンスターが召喚された時に、自身より攻撃力の高い相手モンスターを装備カード扱いとして吸収する効果をもつ最上級モンスターです。

この効果で装備カードを装備している間、攻撃力は装備したモンスターの元々の攻撃力分アップし、装備カードを装備しているこのカードが墓地へ送られた場合、自身を墓地から特殊召喚する効果も持っています。

打点が2000~2500で、主な除去手段が《ヴァンパイア帝国》である「ヴァンパイア」デッキにとっては、破壊を介さないモンスター除去を持つ《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》の存在はとても大きいです。

 

《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》は、今回の《ヴァンパイア・サッカー》の登場でさらに重要度は高まりました。

③の効果で、アドバンス召喚の補助。はもちろんですが、

さらに①の相手モンスターをアンデット族にして相手フィールド上に蘇らせる効果で、《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》の対象(攻撃力2000より上の相手モンスター)を能動的に作り出すことが可能になりました。

しかも装備カードを装備した《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》はリンク素材となることで、自身の蘇生効果を使いやすくなりました。

2体目の《ヴァンパイア・サッカー》の素材にももちろんなれますし、《サモン・ソーサレス》をつくって、そのリンク先に《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》を特殊召喚してあげるのも面白そう。

総じて相性が良すぎるこの2枚のカード。もう組むっきゃないよね◝︎( ´ω´ )◟︎

 

おわりに

なにもわからない状態で記事を書き始めましたが、書いてたらどんどんテーマのことだったりアイデアやシナジーが浮かんできて、いいですねコレ

(/@Д@)/ミイラの呼び声神カードデハ?

今後もこういう記事を書くかもしれません。

 

「( ゚Д゚)おまえはなにもヴァンパイアのことをわかっちゃいなァァァァい!!!」

っていう意見もあると思います。

その時はぜひ、へっぽこデュエリストな管理人に教えてあげてください( ;∀;)助けて…

 

前回に引き続き、ツイッターからフォロー、ご意見アドバイスもろもろお待ちしております!<(_ _*)>

ヒホウのTwitter→【https://twitter.com/hihoduel(※遊戯王関連の方は基本的にフォロバしています)

 

***

nice shoes!!

 

『フレイムズ・オブ・デストラクション』の発売はもうすぐです。楽しみ!

もし興味がわいたら【ヴァンパイア】をぜひつくってみてください・:*+.\(( @ω@ ))/.:+つくろう!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 

(=゚ω゚)ノジャマタ

 

 

このブログをいいね!って思った方、よろしければクリック応援おねがいします(/@Д@)/

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ